「おとは@でいじー開発部」トップページに移動します
プロフィール
短く紹介
一応肩書付き最前線プロのプログラマーです☆
デザイン、サウンド、企画、設計、プログラム構築まで幅広く知識を身につけるべく修行に励んでおります!!
ハードウェア開発の沼にどっぷり漬かってぬくぬく☆

ひとり言
ハードウェア開発に興味を持ってしまった・・・当分はハードウェアについて記事を書いていくのだ♪♪
WPFの紹介ウェブページもある程度コンテンツが増えたのでライブラリの公開を一時中断したよ(爆)
スポンサード リンク
カレンダー
2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
人気記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
新規記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
コメント
登録はありません
トラックバック
登録はありません
バックナンバー
RSS
常に最新情報を得るためにはRSSを利用しましょう。
QRコード
QR Code

現在のページを通報
「ぶろぐるすとーりーと管理人」へ不適切な記事の通報が行えます。
通報を行いたい対象記事のみを表示した状態で通報して下さい。

直近記事のリンク



第9章 正解は1つじゃない

投稿日時 2015/05/13 01:40:51

こんにちはsun

このウェブページでは開発者を目指す人や開発者になってこれから開発職を全うしていこうと思っている人に向けて私、おとはが思うことを綴っていこうと思います。

この記事に書いていることを鵜呑みにしたり、書いていることだけを実践しても結果を保証するものではありません。
大事なことはこれからあなたが 「どんな人になりたいか(キャリア)」 「何をしたいのか(ジャンル)」 「どこを目指すのか(目標)」 です。

中級者向けの第4段ですsign01
新人を卒業して数年の歳月を経てしっかりと自分の力で仕事をこなしていける人向けの内容ですよhappy01

それでは、 「第9章 正解は一つじゃない」 についてお伝えしますね。

ゲストさんも 普段の生活のなかで 色々な選択をしているかと思います paper
例えば、ご飯を食べるタイミング何かを購入するタイミング起床就寝もすべて 実行する・しない 遅らせる・早める などあるかと思いますrecycle

仕事においても同じように たくさんの分岐の1つを選択 したり、 複数の分岐から良いところを集めた選択 をしたりしますよねsign02

早速結論ですが、 何事も正解は一つじゃない のですよ。
計算式など問題の答えは1つかもしれないですが導き出される答えが1つしか無いものなんてごくわずかですslate

では、 たくさんの正解があるものに対してどのように解答を選ぶのでしょうか?

仕事であれば、最初に立ちはだかるものとしては 時間や予算と言うコスト です。
これに関しては制限があれば乗り越えるのはかなり難しい事です。

もし、 時間も予算も余裕のある作業となった場合に
ゲストさんはどうしますかsign02

私はある程度のリスクがあっても新しいことに挑戦する方向で考えますsign03
結果として良くなれば完璧ですが、 悪くなることもありますdown
でも、 たとえ 悪くなったとしてもそれを吸収することが出来るのであれば実践 した方が経験が積めます snow

行動しなければ結果は出ないし 出来る時にしなければ何時まで経っても実行されることはありません bearing

中級者の方であれば、周りのチームメンバーや上司や先輩からの信頼は得ているはずですheart04
勝手に事を進めて自爆するのはやってはいけませんbomb
周りの人を巻き込んでフォローしあいながら進められる環境にしておくのも大切ですgood


お話内容を変えてもう少し紹介しますね。
普段の作業をしている時に発生する問題の対処。
これもかなり厄介な事柄です。

トラブルを事前に察知して煙が上がる前に止められれば素晴らしいですが、 時には煙が上がる し、 炎上することもあります
特に仕事上での色々なミスによって発生するトラブルが一番多くありますsweat01
人為的なミスは発生しないように環境を整備しておくべきですが、基盤のシステムの変更利用するツールの変更など 大きな変化が発生した後にやってくるトラブルはかなり厄介 です。

未然に防ぐことが出来なければ気付いたeye時点で拡散しないように抑えて secret対策を練ったうえで対処していきますwrench
トラブルの内容にもよりますが、対策方法や対処方法に関しても選択肢がたくさんありますsign01
今後の作業をしていく上で、 チームや会社にどれだけの影響があるのかを考えた上で正しい対応をして欲しい と思います。

ほとんど発生しないトラブルにたくさんの時間を掛けるくらいなら 炎上してダメージが出てしまうような部分に取りあえずのパッチ修復ではなく 根本から治すような時間配分が出来るようにしてほしい ですね。



日々のたくさんの分岐に対してどのように進めていくのかは、一個人ではなくチームや会社レベルで考えられるようになると色々スムーズに進むかと思いますbuilding
一番は分岐など発生しない完璧な仕事を全員でこなすこと だと思いますが ミスのない行動なんて不可能 ですので テストをしてみるなりレビューし合う なりして 効率のよいワークフローでやって行きたいですねbasketball

 


投稿者

おとは@開発隊長  

カテゴリー

全般

タグ

開発職 極意
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント ※ぶろぐ管理者による許可があるまで投稿コメントは表示されません

*が付いた項目は入力が必須となっています。

名前

タイトル

メールアドレス

リンクURL

本文 *


※200文字まで

画像認証 *

スパム対策のためご協力下さい 
  




直近記事のリンク



ページビューカウンター
49510
ウェブページ
+ハードウェア編
+ソフトウェア編
+ノウハウ・技能編
+道具・雑貨編
+初級編
+中級編
+上級編
+番外編
+初級編
+中級編
フリースペース
☆ハイレゾ音源☆

☆お絵かきするなら☆

☆カスタムPC☆

ギャラリー
カテゴリー
ほびぃ~
くりえいてぃぶ
電子回路 (14)
ぷろぐらみんぐ
C#言語 (21)
C++言語 (4)
PHP言語 (3)
あいてぃー・こんぴゅーた
ぷろふぇっしょなる
全般 (16)
れびゅー
お気に入りたぐ
ツイッター
お問合わせ
ぶろぐ管理者にお問合わせしたい時は専用フォームから連絡が行えます。


Blogle Storeet Core System v2.0a
おとはうぇぶあぷりぶ (IPv4) v2.6a
Copyright (C) 2014-2018 Blogle Storeet Development Team.