「おとは@でいじー開発部」トップページに移動します
プロフィール
短く紹介
一応肩書付き最前線プロのプログラマーです☆
デザイン、サウンド、企画、設計、プログラム構築まで幅広く知識を身につけるべく修行に励んでおります!!
ハードウェア開発の沼にどっぷり漬かってぬくぬく☆

ひとり言
ハードウェア開発に興味を持ってしまった・・・当分はハードウェアについて記事を書いていくのだ♪♪
WPFの紹介ウェブページもある程度コンテンツが増えたのでライブラリの公開を一時中断したよ(爆)
スポンサード リンク
カレンダー
2018年 9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
人気記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
新規記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
コメント
登録はありません
トラックバック
登録はありません
バックナンバー
RSS
常に最新情報を得るためにはRSSを利用しましょう。
QRコード
QR Code

現在のページを通報
「ぶろぐるすとーりーと管理人」へ不適切な記事の通報が行えます。
通報を行いたい対象記事のみを表示した状態で通報して下さい。

直近記事のリンク



電子部品選び2 ~IC編~

投稿日時 2016/05/31 01:46:51

いらっしゃいませnote

おとは~どぅぇぁの社 へようこそ(〃゚д゚〃)

電子部品選びのノウハウ第2段ですshine
今回はもう少し踏み込んだICチップをの選び方を紹介していきますscissors

おとは@開発隊長さんの投稿画像
前回の部品選びの記事から半年も経過しているので部品の手持ちもかなりゴージャスになってますcrown

さて、ICと言っても色々ありまして購入のきっかけは、実装したい機能・やりたいことを実現するために必要になったと言うところになりますpouch

例えば目的としては以下のものがあげられます。
  1. 自分で考えたプログラムを動作させたい・・・マイコン
  2. 波形データを増幅してボリューム調整したい・・・OPAMP
  3. 大きなデータを扱った処理を行いたい・・・SDRAM
  4. 電源のOn/Offを行いたい・・・トランジスタ・MOSFET
  5. 完全に分離された信号制御をしたい・・・フォトカプラ・フォトMOSFET・リレー
  6. デジタル処理で論理積や論理和を組みたい・・・AND/ORチップ
  7. 映像処理をシンプルに行いたい・・・映像処理IC
  8. 電圧を一定にしたい・・・レギュレータ
  9. 電圧を変えたい・・・昇圧・降圧IC
  10. バッテリーを充電したい・・・充電制御IC
こんな形で目的に応じたICチップを探していきます happy02

ICチップは 小さいパッケージに収められていて場所を取らずに高度なことが出来る ので全部自分で組み込みするよりすごく、コスパが良いものばかりですdollar

マイコンの選び方は別途 こちら のページで紹介しているので割愛します。
ついでに、オーディオマニアの方なら絶対に扱ったことのあるOPAMP。
こちらも 専用ページ を用意してご紹介しておりますpen

SDRAMを選ぶ際に大事なのは、マイコンとセットになるものなので マイコンが対応している仕様のSDRAM であるかですsign01
SDRAMは8bit・16bit・32bitと扱えるビット数によりピン数も変わってきます。
おとはが愛用しているRX600シリーズはいずれのビット数にも対応していますが足数から16bitのSDRAMで研究を進めていますeye
次にSDRAMで大事なのは容量ですねbleah
SDRAMは一番低レベルと言って過言でないものなので容量は多くても64MBくらいが普通に購入できる限界になりますgawk
マイコンが対応しているのならDDRSDRAMに手を出すのもありですがどんどん足の数が増えるので手乗せ実装は難しくなっていきますweep
の部分には数字が入りましてDDR、DDR2などスペックが上がり同時書き込みのチャンネル数で高度になっていきますlovely

手頃なのはSDRAMやDDR SDRAMあたりでしょうか。

トランジスタ/MOSFET/フォトカプラ/フォトMOSFET/リレーに関してはスイッチとして扱うことが出来るICです。
トランジスタやMOSFETは増幅ICとしても利用される有名なアイテムです。
トランジスタは増幅率がカテゴリーごとに分けられていますので目的に応じて選ぶことになります。

それぞれのICですが、流すことの出来る電流や定格電圧などが決まっていて大きな電流制御になればなるほどIC自体が大きくなっていきますbomb
なので、大きさや仕様に応じて取捨選択を行う必要がありますので十分に練ってから買いましょう。


ICの紹介を行ったところで絶対に必要になってくるアイテム。
と言いますか、先に買ってしまう方も多いのかな・・・な電源制御ICたちthunder

マイコンもOPAMPもトランジスタなどもすべて仕様により必要な電圧が決まっており正しく扱わないと煙を出して壊れてしまいますbomb

大体のマイコン・SDRAMなどのデジタル制御系ICは3.3vで動作します。
OPAMPはちょっと特殊ですが±5~±20などかなりなばらつきがあります。
昇圧・降圧回路は大体5v前後から行うICが多いのではないかと思います。

おとは@開発隊長さんの投稿画像
おとはが購入して利用している電源制御系のICチップたちですcamera

手乗りサイズくらいの基板を製作しているのでかなり小さい電源ICばかりですcoldsweats01
電源を扱う際はポリスイッチで過電流対策しておくのも良いかと思います。
その他、動作確認用のLEDも便利なので特に充電回路を組むために用意してくと良いでしょうscissors

おとはの製作している回路では降圧を利用することはあまりなく、大きな電流からはレギュレータを使って処理することが多いですbearing
OPAMPのために大き目の電圧が必要になったらMAX24vくらいのLM2735が扱いやすいと感じてますflair

充電ICについてはTP4056やLTC1733などお手頃な価格で購入できるものを扱ってます。
電源ICも扱える電流に差が出ますのでしっかりと仕様書を見て余裕をもって利用できるICを選びましょうnote

こちらで紹介していないICはいっぱいありますが今後も試してみたICについては記事更新と言う形でご紹介していきますpencil

ではっhappy01

投稿者

おとは@開発隊長  

カテゴリー

電子回路はーどうぇあ 

タグ

ハードウェア 電子回路
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント ※ぶろぐ管理者による許可があるまで投稿コメントは表示されません

*が付いた項目は入力が必須となっています。

名前

タイトル

メールアドレス

リンクURL

本文 *


※200文字まで

画像認証 *

スパム対策のためご協力下さい 
  




直近記事のリンク



ページビューカウンター
47994
ウェブページ
+ハードウェア編
+ソフトウェア編
+ノウハウ・技能編
+道具・雑貨編
+初級編
+中級編
+上級編
+番外編
+初級編
+中級編
フリースペース
☆ハイレゾ音源☆

☆お絵かきするなら☆

☆カスタムPC☆

ギャラリー
カテゴリー
ほびぃ~
くりえいてぃぶ
電子回路 (14)
ぷろぐらみんぐ
C#言語 (21)
C++言語 (4)
PHP言語 (3)
あいてぃー・こんぴゅーた
ぷろふぇっしょなる
全般 (16)
れびゅー
お気に入りたぐ
ツイッター
お問合わせ
ぶろぐ管理者にお問合わせしたい時は専用フォームから連絡が行えます。


Blogle Storeet Core System v2.0a
おとはうぇぶあぷりぶ (IPv4) v2.6a
Copyright (C) 2014-2018 Blogle Storeet Development Team.