「おとは@でいじー開発部」トップページに移動します
プロフィール
短く紹介
一応肩書付き最前線プロのプログラマーです☆
デザイン、サウンド、企画、設計、プログラム構築まで幅広く知識を身につけるべく修行に励んでおります!!
ハードウェア開発の沼にどっぷり漬かってぬくぬく☆

ひとり言
ハードウェア開発に興味を持ってしまった・・・当分はハードウェアについて記事を書いていくのだ♪♪
WPFの紹介ウェブページもある程度コンテンツが増えたのでライブラリの公開を一時中断したよ(爆)
スポンサード リンク
カレンダー
2018年 9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
人気記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
新規記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
コメント
登録はありません
トラックバック
登録はありません
バックナンバー
RSS
常に最新情報を得るためにはRSSを利用しましょう。
QRコード
QR Code

現在のページを通報
「ぶろぐるすとーりーと管理人」へ不適切な記事の通報が行えます。
通報を行いたい対象記事のみを表示した状態で通報して下さい。

直近記事のリンク



外部データの利用

投稿日時 2015/02/08 00:26:28

ゲストさん、こんにちはhappy01

高級アプリ製作の極意 ~WPF編~のお部屋へようこそ。
このお部屋では 第7章 の「 外部データの利用 」についてお話したいと思います。
こちらのお部屋からは 中級者 向けの内容となってきますので難しくなってきますthink どんどん進んで頂いてもゆったり追いかけてきて頂いても大丈夫 なのでゲストさんのペースで行きましょうsign03


pen 外部データ その1 ~テーマ~
WPFのUI (ユーザーインターフェース) はどんなものであっても既定の形や色が設定されています。
それらを既定として利用するのですが、 自分好みの既定仕様に変更することが出来る のが WPFのマークアップ言語の面白いところ、とても素晴らしい ところ の一つです。
外部データの利用の1つとしてテーマというものをアプリで設定したいと思います。

テーマも*.xamlファイルで作成しますが、1から色々なUIの仕様を決めるのは大変なので  こちら  のサイトからテーマを頂いてきましょうrun
WPF Themes 」に数種類のテーマが貼っていますのでお気に入りのテーマを登録しましょうnote

おとは@開発隊長さんの投稿画像
one プロジェクトのルート以下に「Themes」のフォルダを作成して任意の*.xamlを登録しますok
 エクスプローラからドラッグアンドドロップして頂ければ外部のリソースが登録されます。
two テーマをアプリ全体に適用するためにApp.xamlを開きます。
three "
Application.Resources"のエレメント内に1行追加して全体のテーマはこれだって指定します。
 追加する文字「
four  MainWindows.xaml にも1工夫します。
 BackGroundのアトリビュートに {
StaticResource WindowBackgroundBrush を設定します。
five 前回まで真っ白だったウィンドウにグラデーションが適用されたでしょsign03


余談ですが、画像のVisual Studioの画面は垂直タブを作成して2つ同時に見比べてエディットしていますnote
仕事だと 垂直タブを3つにして作業することも多いですので分割表示はかなりおすすめ ですgood


pen 外部データ その2 ~画像データ~
すんなりと画像データが貼りつけられるのも楽で良いと思うWPFですねsun
前回のUIの種類について説明した際にもImageのUIに画像を設定しておりましたが、そちらも設定方法を紹介致しますclip

おとは@開発隊長さんの投稿画像
one 画像を登録したいフォルダを作成してドラッグアンドドロップで 画像ファイルを登録 します。
two ImageのUIを貼り付けます。
three ImageのUIを選択した状態で プロパティと言う色々な設定を行うことが出来るウィンドウ からSourceを探して登録済みの画像を一覧から選びます。
 画像に はJpegやPNGやICOファイルなどを利用 します。

ここでちょっと脱線しますが、XAMLで記述するアトリビュートにどんなものが使用できるか、どんなものがあるのかって説明していないですよねcoldsweats01
実際どうかと言うと、UIを選んだ状態でプロパティウィンドウを見るのが手っ取り早いですsign01
と、言うのも UI毎に設定できるアトリビュートが違うのと種類も数十種類あるので説明しきれません
今後良く利用するのは紹介しますので色々いじってみて下さいhappy01



pen 外部データ その3 ~文字列リソース~ 
アプリを製作してもし日本国外でも利用したい人がいるとしたら ゲストさんはどうしますかsign02
プログラムやXAMLに 直接日本語で書いていたら翻訳なんてだれかに頼めない ですよねsign01
翻訳する人がプログラマーならまだしもプログラム経験ない人だったら悲しい現実が待っているわけですよcrying
そこで便利なのが文字列や画像やテキストなどを管理できるリソースファイルですsign01


おとは@開発隊長さんの投稿画像
one  Resources.resxファイルを開いて表示します。(水平グループタブを作ったので上下に分割済み)
two  リソースに名前を付けて値を設定します
three  リソースを利用するための処理を記述します。
 予め、Imageに
MouseLeftButtonUpのアトリビュートを設定してマウスの左クリックが離された時に呼ばれるイベントを設定してあります。

リソースファイルは 言語別に作成することが出来ますので英語だろうがフランス語だろうがドイツ語だろうがどしどしファイルを増やしていけばよい ことになります。
国際言語対応を行いたい方は「 参考サイト 」をご覧ください。

外部リソースを使うことで 初期時点ではさっぱりな見た目だったWPFのUIが見違えるほどにグレードアップ して 高級感shineあふれる感じ になりました。
外部リソースもWPFでは大事な要素の一つですsign03


今回はちょっと画像データを奮発したのでデータサイズがチョイ大きめだけど・・・danger
ぜひ ダウンロードしてその目で確かめて くれたまえ~bearing

サンプルのダウンロードはこちらより ->  


投稿者

おとは@開発隊長  

カテゴリー

C#言語

タグ

Windows C# WPF
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント ※ぶろぐ管理者による許可があるまで投稿コメントは表示されません

*が付いた項目は入力が必須となっています。

名前

タイトル

メールアドレス

リンクURL

本文 *


※200文字まで

画像認証 *

スパム対策のためご協力下さい 
  




直近記事のリンク



ページビューカウンター
47992
ウェブページ
+ハードウェア編
+ソフトウェア編
+ノウハウ・技能編
+道具・雑貨編
+初級編
+中級編
+上級編
+番外編
+初級編
+中級編
フリースペース
☆ハイレゾ音源☆

☆お絵かきするなら☆

☆カスタムPC☆

ギャラリー
カテゴリー
ほびぃ~
くりえいてぃぶ
電子回路 (14)
ぷろぐらみんぐ
C#言語 (21)
C++言語 (4)
PHP言語 (3)
あいてぃー・こんぴゅーた
ぷろふぇっしょなる
全般 (16)
れびゅー
お気に入りたぐ
ツイッター
お問合わせ
ぶろぐ管理者にお問合わせしたい時は専用フォームから連絡が行えます。


Blogle Storeet Core System v2.0a
おとはうぇぶあぷりぶ (IPv4) v2.6a
Copyright (C) 2014-2018 Blogle Storeet Development Team.