「おとは@でいじー開発部」トップページに移動します
プロフィール
短く紹介
一応肩書付き最前線プロのプログラマーです☆
デザイン、サウンド、企画、設計、プログラム構築まで幅広く知識を身につけるべく修行に励んでおります!!
ハードウェア開発の沼にどっぷり漬かってぬくぬく☆

ひとり言
ハードウェア開発に興味を持ってしまった・・・当分はハードウェアについて記事を書いていくのだ♪♪
WPFの紹介ウェブページもある程度コンテンツが増えたのでライブラリの公開を一時中断したよ(爆)
スポンサード リンク
カレンダー
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
人気記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
新規記事
- 2017/11/28 22:40 (0)
コメント
登録はありません
トラックバック
登録はありません
バックナンバー
RSS
常に最新情報を得るためにはRSSを利用しましょう。
QRコード
QR Code

現在のページを通報
「ぶろぐるすとーりーと管理人」へ不適切な記事の通報が行えます。
通報を行いたい対象記事のみを表示した状態で通報して下さい。

直近記事のリンク



データの圧縮

投稿日時 2015/02/22 20:52:26

ゲストさん、こんにちはhappy01

高級アプリ製作の極意 ~WPF編~のお部屋へようこそ。
このお部屋では 第14章 の「 データの圧縮 」についてお話したいと思います。

アプリケーションを作成していけば 必然的に必要になるのがデータの入出力 なのですが 単純なテキストやバイナリをそのまま出力すると大変sign01 なことになります。
それは、 ファイルのサイズsign03 です。
とくに テキストファイルはどんどんファイルサイズが太ります bearing

そこで必要になってくるのが圧縮してのサイズを小さくすることですdown
圧縮ってファイルサイズが小さくなるだけじゃなくてちょいと良いことがあるんですよnote

それは、 データの安全性の向上 ですsign03
下手に圧縮ファイルをいじれば展開出来なくなります
テキストに比べれば可読性が悪いのでデータを直接いじることも難しくなります shadow

今回のサンプルでは 圧縮を行うため便利な関数を含めていますのでそのまま利用できます shine

関数の処理だけなのでVisual Studioの画面はいらないと思うのですが・・・
WPFを使ったアプリの 上級編ってことでWPFの利用テクニックを追加で紹介 しますよ。

今回のアプリでは処理結果をTextBlockで画面に表示していますtv
おなじみの Bindingを利用すればプログラムで設定した文字が表示できる のですが今までのやり方、 変数に代入するだけでは表示されない問題 となりますsweat01
これは、変数が変わってもUIの表示が更新されないために発生するのです。
おとは@開発隊長さんの投稿画像
赤線で目印をしたところが PropertyChanged と言う バインドされた変数の更新を受け取ってUIを更新する ためのやり方ですflair
黄色線はウィンドウの設定で今までのサンプルで使わなかったものです。

それぞれの内容です・・・
one WindowsStyleでツールウィンドウ表示に
two ResizeModeでウィンドウサイズを固定に
three SizeToContentで高さをUIに合わせて自動調整するように
four TopMostで最前面表示に
five WindowStartupLocationで実行画面の中央に表示されるように
各プロパティに設定した項目の説明でした。

今回もサンプルを載せましたので色々いじって研究してみてはいかがでしょう wrench

clip サンプルダウンロード
 


clip サンプルイメージ画像

圧縮したいファイルのパスを指定して圧縮ボタンを押すことで元ファイルの隣に圧縮済みのデータを保存します。(圧縮後は.zlibと言う拡張子が付きます)
おとは@開発隊長さんの投稿画像

展開したいファイルのパスを指定して展開ボタンを押すことでZLib圧縮されたファイルを展開してファイルに保存します。(.binファイルとして拡張子を指定してます)
おとは@開発隊長さんの投稿画像

出来れば圧縮したことが分からない拡張子を選択することをおすすめします。
サンプルは簡単なエラーチェックのみをしていますので 製品アプリを製作する際はエラーチェックをしっかりとして 下さいね。
 


投稿者

おとは@開発隊長  

カテゴリー

C#言語

タグ

Windows C# WPF
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント ※ぶろぐ管理者による許可があるまで投稿コメントは表示されません

*が付いた項目は入力が必須となっています。

名前

タイトル

メールアドレス

リンクURL

本文 *


※200文字まで

画像認証 *

スパム対策のためご協力下さい 
  




直近記事のリンク



ページビューカウンター
51038
ウェブページ
+ハードウェア編
+ソフトウェア編
+ノウハウ・技能編
+道具・雑貨編
+初級編
+中級編
+上級編
+番外編
+初級編
+中級編
フリースペース
☆ハイレゾ音源☆

☆お絵かきするなら☆

☆カスタムPC☆

ギャラリー
カテゴリー
ほびぃ~
くりえいてぃぶ
電子回路 (14)
ぷろぐらみんぐ
C#言語 (21)
C++言語 (4)
PHP言語 (3)
あいてぃー・こんぴゅーた
ぷろふぇっしょなる
全般 (16)
れびゅー
お気に入りたぐ
ツイッター
お問合わせ
ぶろぐ管理者にお問合わせしたい時は専用フォームから連絡が行えます。


Blogle Storeet Core System v2.0a
おとはうぇぶあぷりぶ (IPv4) v2.6a
Copyright (C) 2014-2018 Blogle Storeet Development Team.